トップへ戻る

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

石見焼き

すり鉢で料理

ログイン

  • ご利用案内
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
元重製陶所

石見地方

島根県の中部地域は、その昔から「石見の国」、別名を「石州」とも言われてます

石見地方からは弥生・縄文時代の土器や平安初期の須恵器など、数々の埋没した文化遺産が現在でも発掘され、石見地方が古くから粘土を原料にした生活用品が使われていた事が伺われます。 また、 中国地方一の大河、江の川、天領江津本町甍街道(いらかかいどう)、西日本最大級の水族館アクアス、サーファーに好評の海水浴場、万葉の歌碑、石見神楽など、四季を通して様々な楽しみが満喫できます。

中国太郎「江の川」

江の川は広島県北広島町の阿佐山に水源を発し、その後、いくつかの支流と三次付近で合流。中国山脈を横断し、島根県の美郷町・川本町を経て、江津市の日本海にそそいでいます。長さ194キロ、流域面積3,900平方キロと、中国地方で最も大きな川で、中国太郎ともよばれています。江の川流域では四季を通じて様々な自然が見られ、人々はこの豊かな自然の恵みをうまく生かしながら生活を営んできました。

万葉歌人、柿本人麻呂ゆかりの地

柿本人麻呂ゆかりの地として知られる江津市には多くの歌や伝説が伝えられています。また、江津市には万葉の歌碑が五基あります。これは全国にも例を見ない多さです。

伝統芸能「石見神楽」

石見神楽とは島根県西部(石見地方)に古くから伝わる伝統芸能で、その年の豊作や豊漁を祈願し神々に捧げる歌や踊りのことをいいます。華やかな衣装や表情豊かな面を身につけた人々が太鼓や笛のお囃子に合わせ、30数種ある神話を題材として悠々と舞う姿は観る者を魅了します。お囃子には、テンポの速い八調子のものと遅い六調子のものがあり、石見神楽は八調子の代表的なものになっています。

このページのTOPへ
Copyright(C)2000-2008 iwamiyaki.com All rights reserved.